珪酸ソーダとは
●珪酸ソーダのJIS規格
珪酸ソーダとはソーダ分(Na2O)・硅酸分(SiO2)・水分(H2O)の三種が、種々の比率で連続的に変化して成り立っている一連の化学薬品の 総称であります。現在我国では、商品としては幾種類もありますが其の中 JIS K1408によって定められた種類は1号、2号、3号及びメタ珪酸ソーダの5種類での其の規格は下表の通りです。

 
1号
2号
3号
メタ珪酸ナトリウム
1種
2種
外 観
水あめ状の無色ないし僅かに着色した液体
白色粉末又は粒状
白色結晶
比重(15℃ Be')
-
54以上
40以上
-
-
二酸化けい素(SiO2)
35〜38
34〜36
28〜30
27.5〜29
19〜22
酸化ナトリウム(Na2O)
17〜19
14〜15
9〜10
28.5〜30
20〜22
鉄(Fe)
0.03以下
0.03以下
0.02以下
-
-
水不溶分
0.2以下
0.2以下
0.2以下
-
-
備考
メタ珪酸ナトリウムの1種は5水塩、2種は9水塩である


【モル比・重量比の関係】
珪酸ソーダは一般にNa2O・nSio2・xH2Oの化学式で表されます。
物理的性質および化学的性質はモル比(n)によって連続的に変化し、用途もそれに伴って異なります。
モル比(n)と重量比(SiO2/Na2O)との関係は以下のように示されます。

※ モル比(n) = (SiO2重量% / Na2O重量%) × 1.032

【温度・ボーメ度・比重の関係】
(1)JIS規格では比重(Be)については15℃を基準としていますが、15℃以外で測った場合は、
次の式によって15℃ボーメ度の近似値を得ることが出来ます。

※ 測定温度 t℃→15℃への換算
  15℃Be ≒ t℃Be + 0.04 × (t − 15)

(2)JIS規格では比重はボーメ度で表されていますが、これを比重(d)に換算するためには、
次の式によって近似値を得ることが出来ます。

※ 比重(d) ≒ 144.3 / (144.3 − Be)
  Be   ≒ 144.3 − 144.3 / 比重(d)

例としてJIS3号珪酸ソーダ(15℃Be = 40 の場合)について温度・比重・ボーメ度の関係を
示すと下表のようになります。
比重温度換算表(15℃)
液 温
10℃
15℃
20℃
25℃
30℃
35℃
40℃
45℃
50℃
比 重
1.386
1.383
1.380
1.378
1.375
1.372
1.370
1.367
1.365
ポーメ度
40.20
40.00
39.80
39.60
39.40
39.20
39.00
38.80
38.60


珪酸ソーダの用途